通関士 合格率

通関士の合格率を見てみよう!

以下は、過去5年の通関士の合格率です。

 
年度 受験者数 合格者 合格率
平成22年 9,490人 929人 9.8%
平成23年 9,131人 901人 9.9%
平成24年 8,972人 769人 8.6%
平成25年 8,734人 1,021人 11.7%
平成26年 7,692人 1,013人 13.2%
平成27年 7,578人 764人 10.1%

通関士の合格率は、平成18年度の試験内容の改正に伴い合格率が著しく低下いたしました。
具体的には、実務問題の輸出入の申告書が今までは紙ベースに対しての問題でしたが、 オンラインシステムの申告書問題に変わってしまったのです。
その結果、過去には出題されていない問題なので対策が取れなくなり、通関士の合格率が低下してしまいました。

その後は、平成20年度に問題が若干易しくなり合格率が上がりましたが、平成21年度にはまた1ケタ台まで合格率が低下しています。
これが、通関士合格率の現状で、誰が見ても難易度の高い試験であると感じるはずです。

しかし、合格率というのは、あくまでも合格者の割合を数字で表したもので、試験そのものの難易度を証明する決め手にはなりません。
その証拠に合格率が8%台の国家資格である社会保険労務士は、通関士よりも明らかに試験の難易度が高くなります。

また、通関士の試験は、合格点に達すれば合格できる絶対評価の試験で、 ライバルがどんなに強くても自分が合格点に達すれば良いだけだということです。
ですから、皆さんが通関士の合格率に敏感になる必要はなく、どうすれば合格点に達することができるのかだけ、考えれば良いのです。

例えば、「どういった教材を使うか?」「通信講座か通学講座か」「何百時間勉強するか」など 勉強する上でとても重要な要素です。
決局のところ、合格できる人というのは頭の善し悪しではなく、計画的かつ効率的に勉強できた人です。
そこさえクリアできれば、どんなに通関士の合格率が低くても関係ありません。

まずは通関士の合格率を意識するのではなく、どのように勉強していくかを意識してみてください。